床の状態を良好に保つフロアコーティングの注意点
バナー

床の状態を良好に保つフロアコーティングの注意点

フロアコーティングは床に薬剤を塗布して皮膜を作り、艶出しを行ったり外部からの刺激を緩和する行為を指します。
近年では住宅を中心にフローリングの床になっている物件が多いため、傷や汚れを防ぐ目的でフロアコーティングの処理が行われるケースが増加しています。



フロアコーティングは使用する薬剤によって皮膜の強度や品質が異なりますが、床材の性質に合わせて最適な一品を選ぶことが床の状態を良好に保つための重要な条件になります。

フローリング以外に樹脂マットやコンクリートなど様々な床材が使用されているので、それぞれの建材の特徴を把握することが大切です。
また、フロアコーティングの作業を行う際は薬剤の揮発性や塗り直しなどの作業面の問題も併せて確認する必要があります。

特に住宅物件では換気や薬剤の乾燥など、居住性に影響をもたらすこともあるので複数の薬剤の性質を比較したうえで慎重に判断します。



子供や高齢者が同居する世帯では安全な薬剤を優先して選ぶことが快適な生活に繋がります。

フロアコーティングの処理を施すことで皮膜が形成されて傷や水濡れなどの不具合を避けることが出来ますが、経年劣化によって皮膜が剥がれてしまうこともあります。



そのため、定期的に塗り直しを行うことが状態を良好に維持するための心得ですが、薬剤の塗りムラが生じると隙間や気泡が生じて却って見栄えが悪くなることがあります。塗布作業は高い技術力を持つ専門業者に依頼するのが賢明な対処法です。